"豆"知識

container_top

"豆"知識

明日は節分ですね!!

ここで、節分についての豆知識を皆様に・・・

 

暦では2月3日が「節分」です。節分はもともと立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし、
四季の分かれ目を意味していました。

それが、いつのころからか立春の前日だけが残ったのは、
暦の「立春」を年のはじめとする「立春正月」からきています。
気候が冬から春になるということで、この日は一年の最後の日と考えられていました。
 節分は「厄を祓う(はらう)日」と考えられ、
昔から魔除け・厄除け・無病息災などを願う色々な行事が行なわれてきました。
 煎った大豆をまく「厄払い」の行事は、「人に疫をもたらす鬼を追って、
来たるべき春に福を求める」という中国「明」の時代の風習で、
室町時代に伝わったといわれます。

この日の夜、家の入り口に鰯の頭を刺した「柊(ひいらぎ)」の枝を
掲げておく風習もあります。こうしておくと鬼が柊の枝に刺さって痛がり、
鰯の悪臭にびっくりして逃げていくと考えられていました。
同様に、強い匂いを出す大蒜や葱を刺しておく地方もあります。
魔除け、あるいは邪気を払って無病息災を願う行事の一つといえます。
また、その年の恵方(その年の歳徳神がいる方向)を向いて、
太巻きの寿司を丸かぶりするという風習が東海や関西地方にあります。
こうすると一年間健康で幸せに暮らせるというものです。

。。。。だそうですflair

豆まきしましょうshinewinkshine

注目情報

About

2017年7月17日 20:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「海の日は・・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


container_bottom