豆知識 日焼け止め版

container_top

豆知識 日焼け止め版

ジメジメして嫌な季節ですね~rain

髪も湿気で広がったりで、御苦労されている方も多いことで・・・

そして、晴れたら晴れたで日焼け対策・・・と忙しいですね。sun

 

今回は、日焼け止めについて書きたいと思います。

まず、紫外線には、A・波がありまして・・・

C波は波長が短くオゾン層に吸収されている為、直接影響は受けにくいと言われています

(最近は、オゾン層の破壊により、問題になってはいますが・・・)

 

では、では、問題のA波から・・・・

曇やガラスを通過して皮膚の真皮(表面より中です)まで届きます。肌のハリと弾力を司っているコラーゲン・エラスチンを変化させ、シワなどの原因になります。sweat01

 

B波・・・表皮まで届き、短時間で肌に炎症を起こし、肌を守るメラニン色素が過剰に生成される為    シミ・そばかすの原因になります。sweat02

        そして、それを防ぐための日焼け止めhappy02

 

            選ぶ時のチェックポイント!! good

①ノンオイル・・・せっかく日焼け予防に使用するのに、オイル系は脂焼けの原因に

          そして、オイルは酸化しやすいので肌トラブルにもつながるおそれが・・・

 

②ノンアルコール・・・アルコールが入っていると、ちょっとの間さっぱりしますよね!!

        でも、蒸発する時肌の水分も蒸発しやすいとか・・・・

 

③紫外線吸収剤が入っていないもの・・・日焼け止めクリームに用いられる代表的な成分です               発がん性が報告されているとかとか・・

 

      そんな心配のないPプロテクトlovely

①肌再生効果(AC11が肌のDNAに働きかけ、紫外線による細胞ダメージを修復!

 ②アスタキサンチンで活性酸素除去効果(肌トラブル予防)

③保湿効果(エクトイン)で日焼けしにくい体質に・・肌を潤いバリア機能を高める

④アーチチョーク葉エキスで毛穴を改善し、化粧のりをアップさせます。

なんといっても、、ノンオイル・ノンアルコール・紫外線吸収剤不使用

 

長くなりましたが

是非使ってみてくださいね詳しくは、アーリアのスタッフまでnote

草野でしたpigscissors

注目情報

About

2017年7月17日 20:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「海の日は・・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


container_bottom